偏光コントローラ(マニュアルタイプ) FPC-1
Manual Polarization controller  FPC-1
FiberControl社

ユーザフレンドリーな独自の設計を持つファイバコントロール社偏波コントローラは、応力誘起の複屈折性を利用し、
SMファイバの光の偏光状態を変化・制御しています。各パドルは分数波長板の役割をします。
パドルの角度の調整によって、ポアンカレ球を完全に覆う偏光状態が与えられます。
多様な波長、アプリケーションなど、エンドユーザが最大のフレキシビリティーを得られるように、複数直径の溝で設計されています。
スタンフォード大Herve C. Lefevre氏によるパテントが元になっています。


特長

・位置ロックされたパドルに、容易にファイバセット可能
 (セット冶具不要)
・各パドルのデュアル直径溝が、1つのファイバの動作波長 帯域を拡大
・900umバッファ、250umベアファイバ両方に対応
・柔軟性のあるキャップが、容易にかつ確実にファイバをパ ドルに固定
・小占有スペース、軽量設計
・M6ネジ等で、光学テーブル上、多方向に配置可能
・スムーズに調整可能な回転部分
・ファイバを用いた光学系に、素早く組入れ可能
・パドル色が選べてWDMでも識別容易



   


■ 仕様


-項目 単位 仕様
消光比(代表値)※ dB 35
挿入損失(代表値)※ dB ≦0.1
PDL(代表値) dB 0.003dB
占有面積 mm 25.4x150
ブロードバンド動作 - 500nm x 1600nm
※Lucent SMFファイバを外側の溝に2巻きし、波長1550nmで測定。

■ お問合せ・ご注文の際は、品番又は以下の仕様をお知らせ下さい。

     FPC − 1@ − ABC − DE − FPC − G

      @ パドル色       A ファイバタイプ      B バッファ          C バッファ色
        1: 赤            0:なし           2:ベアファイバ          1: 赤
        2: 白             1:Lucent SMF     9:バッファ900um         2: 白
        3: 青             2:Lucent DSF                        3: 青
        4: 黄            3:3M(80um)                         4: 黄
        5: 緑            4:3M(125um)                         5: 緑
        6: 橙            5:Corning CS-980                     6: 橙
                        6:Corning Flexcore-1060      
                        7:その他        

      D コネクタ         E コネクタタイプ     F コネクタポリッシュ     G 動作波長
      P: ピグテイル(コネクタ1個)     FC          A:≦-60dB          1: 1450-1570nm
       J: ジャンパ(コネクタ2個)       SC          U:≦-50dB          2: 1270-1350nm
                            ST                           3: 950-1200nm
                            D4                           4: 780-900nm
                            BC                           5: 620-700nm
                                                       6: 470-600nm
※ メーカーHPは、こちらをクリック下さい。
HOME

株式会社ハナムラオプティクス