TeO2 ビームディスプレーサ & ポラライザ     
Elent A社は20年以上にわたり高品質なTeO2結晶の提供を続けているメーカです。 本社はポルトガルで、工場はウクライナにあります。TeO2結晶はチョクラルスキー法で製造しています。 主要なAOMメーカ各社に安定的に供給を続けているだけでなく、TeO2を使った偏光オプティクスも製造しています。

■ TeO2 ビームディスプレーサ & ポラライザ 

<特徴(BD)>
・出力ビームは互いに平行になるようにビームを分離
・常光はそのまま透過、異常光は結晶内で屈折

<特徴(BP)>
・異常光は側面で吸収
・0.35〜5umまで使用可能
材質 TeO2
消光比 <1:100000
パワー効率 200 MWt/cm2 or 2 x 108 W/cm2 (1064 nm, 12 ns, 1 Hz)
S/D 20/10
平坦度 λ/4 @ 633nm

■ 標準品一覧 

品 番 分離幅 (mm) アパーチャ (mm) 長さ (mm)
ビームポラライザ
BP3-3-46 3 3x3 46
BP4-4-61.5 4 4x4 61.5
BP5-5-76.5 5 5x5 76.5
BP6-6-92 6 6x6 92
BP7-7-107 7 7x7 107
ビームディスプレーサ
BD3-7-46 3 3x7 46
BD4-9-61.5 4 4x9 61.5
BD5-11-76.5 5 5x11 76.5
BD6-13-92 6 6x13 92
BD7-15-107 7 7x15 107

標準品にないアパーチャサイズ・分離幅や、マウント付での製作も承ります。

標準品はノンコートです。ご要望に応じて、お好きな波長のARコーティング(R<0.4%)や多層広帯域ARコーティング、保護コーティングをプリズムの表面につけることも可能です。

■ BD・BPの各タイプの波長における出力ビームの分離幅の依存性


HOME

株式会社ハナムラオプティクス